応援・寄付についてSupport/Donation

応援・寄付をする。

私たちの考え方や福祉事業にご賛同いただける皆様から寄付を受け付けております。
寄付金は先駆的な福祉事業の推進のために有効に活用させていただきます。

社会福祉法人への寄付について

  1. 個人の場合:所得税の寄付金控除または税額控除が受けられます。
  2. 法人の場合:一般の寄付金とは別枠で、法人税法上の損金算入ができます。
  3. 相続による寄付の場合:租税特別措置法により相続税が非課税となることがあります。
  4. 注)寄付金控除を受けるには領収書が必要になります。

クレジットカードや口座振込をご利用の際は、お電話やメール等でご連絡いただければ、領収書を送付させていただきます。
個人で適用を受けるためには確定申告が必要になります。

ボランティア活動をする。

釧路愛育協会の運営する施設では、さまざまな活動をしてくださるボランティアの方を募集しています。

  • お話ボランティア(入居者とのお話)
  • お掃除ボランティア(施設や施設周辺の清掃活動)
  • 特技を活かしたボランティア(園芸、音楽、演芸、お菓子づくりなど)

活動内容等については、お気軽にご相談ください。

ご連絡先

社会福祉法人釧路愛育協会、あるいは各施設へご連絡ください。

0154-41-5238
0154-42-1997

最近の寄付エピソードEpisode of donation

平成28年3月24日

釧路貨物自動車株式会社代表取締役社長工藤靖雄様より、鶴が丘学園に新車ヴィッツを寄贈していただきました。
このおしゃれなヴィッツを、これまで以上に利用者の方の個別性の高い支援のために、大切かつ有効に活用させていただきます。
釧路貨物自動車株式会社ならびに同社代表取締役社長工藤靖雄様のご厚意に改めて感謝申し上げます。
(鶴が丘学園公式サイト注目情報2016.3.24(木)からの抜粋による)

平成27年2月11日

釧路市在住の近藤良子様より鶴が丘学園に6万5千坪もの広大な土地を寄贈していただきました。
鶴が丘学園の利用者の方々のレクリエーションや活動の場として活用していただければということで、鶴が丘学園に隣接する7筆合計 215,721m²(65,255.6坪)もの広大な土地の寄贈のお申し出がありました。2月11日「建国記念の日」、朝から雲一つ見られない気持ちいいほど光り輝く青空という非常に佳き日に、その贈呈がおごそかに執り行われました。
贈呈式の後、見学をご希望されておりましたので施設内をご案内致しました。ご質問、ご感想の一つ一つに社会福祉への暖かいまなざしと理解の深さがうかがわれ、ありがたい限りでございました。近藤良子様のご厚情を末永く語り継ぐとともに、そのご厚情に応えるためにも、これからもなおいっそう利用者の方々にとって満足度の高い福祉サービスの向上に努めて参りたいと存じます。ありがとうございました。

左:たんちょう釧路空港 白抜き部分が寄贈していただいた土地
中央上:2筆1万5千坪の土地を『メリーの森』(近藤家の愛犬メリーの墓碑にちなんで)
中央下:5筆合計5万坪の土地を『よしこの森』(近藤良子様の名前にちなんで)

ご厚情を深謝するとともに末永く語り継ぐためにも、旧園舎横の1万5千坪の土地を『メリーの森』(近藤家の愛犬メリーの墓碑にちなんで)、手前の5筆合計5万坪の土地を近藤良子様の名前にちなんで『よしこの森』と呼称させていただきます。
なお、近藤良子様のご希望により、報道機関の取材は控えさせていただきました。鶴が丘学園ウェブサイトへの掲載はご快諾いただきましたので、心より感謝申し上げますとともに、謹んで皆様にお知らせ申し上げる次第でございます。
(鶴が丘学園公式サイト注目情報2015.2.15(日)からの抜粋による)

最近のボランティアのエピソードEpisode of volunteer work

お正月や盆踊りの季節にはすみれホームで着付けを、そして毎月ご自宅に招待していただき、茶立てやお花の飾り物づくりをしていただいております。

畠山典子様(釧路市人権擁護委員)に着付けをしていただいております

利用者の方々とても優雅で艶やかです